街に顔があった頃

浅草・銀座・新宿

新潮文庫

開高健 / 吉行淳之介

1988年2月1日

新潮社

398円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

こうあからさまに申してはナンですが、この本は、良き時代の浅草・銀座・新宿を知る両氏が、街の顔を彩り演出してきた女たちにまつわる思い出を語った〈猥談〉です。当節流行の都市論ではありませんから、念のため。重戦車のごとく驀進する開高氏と風雅な構えの吉行氏。-その道の大家と名人が絶妙な呼吸でくり広げるリアルでテツガク的なお色気話をご堪能ください。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください