マンボウ酔族館

新潮文庫

北杜夫

1992年2月1日

新潮社

512円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

躁病がやってくるたびに毎回繰り広げられる、株売買のドタバタ悲喜劇体験談。遠藤周作氏と阿川弘之氏の派手な乱闘騒ぎで幕を閉じることになる、マンボウ氏の通夜の予想図。「北家のブランデーを風呂桶一杯飲んだ」隣人・宮脇俊三氏。妻と娘と一緒に横浜への大旅行、そしてアメリカ、ボルネン旅行の顛末。躁と鬱の波間に漂うマンボウ氏の日常をユーモラスに描くエッセイ集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください