海猫(上巻)

新潮文庫

谷村志穂

2004年9月1日

新潮社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

女は、冬の峠を越えて嫁いできた。華やかな函館から、昆布漁を営む南茅部へ。白雪のような美しさゆえ、周囲から孤立して生きてきた、薫。夫の邦一に身も心も包まれ、彼女は漁村に馴染んでゆく。だが、移ろう時の中で、荒ぶる夫とは対照的な義弟広次の、まっすぐな気持に惹かれてゆくのだったー。風雪に逆らうかのように、人びとは恋の炎にその身を焦がす。島清恋愛文学賞受賞作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.5

読みたい

1

未読

6

読書中

1

既読

28

未指定

35

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

まぁまぁか。話の展開、人物設定につくられ感を感じてしまう。

starstarstar 3.0 2022年08月23日

結婚式で一度しか見ていない花嫁を油絵に描くことが可能か?などと思ってしまう。しかし家族や子供を大切にしようと改めて思うようになる。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください