雄気堂々 上

新潮文庫 しー7-3 新潮文庫

城山 三郎

2003年8月31日

新潮社

781円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

近代日本最大の経済人渋沢栄一のダイナミックな人間形成の劇を、幕末維新の激動の中に描く雄大な伝記文学。武州血洗島の一農夫に生れた栄一は、尊王攘夷の運動に身を投じて異人居留地の横浜焼打ちを企てるが、中止に終った後、思いがけない機縁から、打倒の相手であった一橋家につかえ、一橋慶喜の弟の随員としてフランスに行き、その地で大政奉還を迎えることになる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(12

starstarstarstar
star
4.23

読みたい

8

未読

4

読書中

3

既読

85

未指定

116

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

ケムケム

渋沢栄一の青年期。時代を切り拓く強さが清々しい。

starstarstar
star
3.5 2022年01月03日

 渋沢栄一の大河ドラマが今年始まり、本屋で渋沢栄一関係の本が様々販売されていた。多数ある中で、思想的に偏りがなさそうなのを選んで購入した。とはいえ、御多分に洩れず積読してしまい、7月下旬に読了。そして今頃、作文している次第である。  上巻は、栄一の青年期である幕末から明治維新を中心に書かれている。作者の創作もかなりあるだろうが、一族のひととなりもよくわかり、物語として面白く読みやすかった。豪農の長男として生まれたとはいえ、人との出会いを大切にし世の中の先を見抜く目が確かで、自分の道をどんどん切り拓いていく様は小気味いい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください