貧困の光景

新潮文庫

曽野綾子

2009年9月30日

新潮社

473円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 文庫

アフリカでは、子供に対するエイズ検査は行わないほうが良い。HIVがプラスになると、親はもうその子にミルクを与えない。どうせ死ぬ運命の子供を養うより、少しでも生きる可能性のある子に食べさせないと、一人の子も残らないことになるのだ。長年世界の最貧国を訪れてその実態を見続けてきた著者が、年収の差で格差を計るような“豊かな”現代日本人に語る、凄まじい貧困の真実。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2018年12月09日

瞳子の受験で、貧困に関する作文が課題として出されることが多い。文筆を生業としている人の書く文章はとても読みやすい。文章のレベルが違う。瞳子に読んでみたらと渡したところ、面白いと言って、ドンドン読んでいるようだ。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください