三国志(5(孔明の巻))

新潮文庫

吉川英治

2013年3月28日

新潮社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

関羽は曹操の部下が守る五関を見事突破、ようやく劉備と再会を果たす。しかし、劉備の受難は止まることがなかった。呉の孫権と結んで袁紹を下した曹操に再び敗れ、劉表の食客になるも、そこでも命を狙われてしまう。間一髪逃げ延びた先で、劉備は軍師、徐庶に出会うがー。『三国志』最大の賢人、諸葛孔明がいよいよ登場!邂逅と展望の第五巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

1

未読

3

読書中

0

既読

11

未指定

26

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

yuitan_58

孔明登場

starstarstar 3.0 2017年09月27日

ただ最終盤 袁紹と孫策dropout 孫策好きやったけどな、血の気が盛んすぎたなw

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください