三国志(九) 出師の巻

新潮文庫 新潮文庫

吉川 英治

2013年8月31日

新潮社

737円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

頼みの援軍も来らず、ついに、麦城にて呉に捕われ、非業の死を遂げる。魏では、曹操の後を継いだ息子の曹丕が、帝に禅譲を強制し皇帝に即位。ここに後漢は終焉の時を迎えた。そして、劉備の命の炎も燃え尽きる。遺児劉禅を諸葛亮に託してー。英傑たちが相次ぎ没し、次の時代が始まる。惜別と新生の第九巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.6

読みたい

1

未読

5

読書中

1

既読

8

未指定

23

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

yuitan_58

終わりに近づいてきた

starstarstar
star
3.6 2017年10月19日

多くの人が亡くなった 関羽、曹操、黄忠、張飛、劉備 南蛮王孟獲vs孔明の戦いは結構面白かった そして、孔明が劉禅に宛てた決意の文 遂に終わりかとしみじみ思う

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください