新・平家物語(4)

新潮文庫

吉川英治

2014年3月28日

新潮社

539円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

厳寒の地に、京に劣らぬ大都府平泉を建設し、東奥の王者を称える奥州藤原氏。源氏との縁ふかく、助力を約する当主・秀衡の誘いに、源氏の御曹司・牛若は、鞍馬寺を脱して、平泉に向うことを決意する。打倒平家の思いを母の常磐に伝え、金売りの吉次とともに都を発った牛若は、その途上、元服し、晴れて九郎義経と名乗ることに。平家の束縛を逃れ、遙かみちのくへと旅立つ義経を描く第四巻「みちのくの巻」。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください