真田太平記(第1巻)改版

新潮文庫

池波正太郎

2005年1月31日

新潮社

825円(税込)

小説・エッセイ

天正10年(1582年)3月、織田・徳川連合軍によって戦国随一の精強さを誇った武田軍団が滅ぼされ、宿将真田昌幸は上・信二州に孤立、試練の時を迎えたところからこの長い物語は始まる。武勇と知謀に長けた昌幸は、天下の帰趨を探るべく手飼いの真田忍びたちを四方に飛ばせ、新しい時代の主・織田信長にいったんは臣従するのだが、その夏、またも驚天動地の事態が待ちうけていた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstarstar
star
4.05

読みたい

6

未読

18

読書中

1

既読

69

未指定

55

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください