真田太平記(第12巻)改版

新潮文庫

池波正太郎

2005年7月31日

新潮社

869円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

関ヶ原の折の屈辱を忘れかねる徳川秀忠は、家康が死去するとただちに信之の真田藩に襲いかかった。秀忠は、信之の側近に送り込んだ隠密を使い、冬の陣の直後に幸村と密会した事実を突いて取潰しに追込もうとするが、ただ一人生き残った草の者お江の活躍で信之は難をまぬがれる。そんなある日、上田城に向井佐助の最期を見とった摂津の農夫が遺品を届けに現われる…。全十二巻完結。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.45

読みたい

4

未読

9

読書中

1

既読

59

未指定

47

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください