堀部安兵衛(上巻)

新潮文庫

池波正太郎

1999年12月31日

新潮社

825円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

十四歳の春、越後・新発田藩の家来中山弥次右衛門の一人息子、安兵衛は、行きずりの山伏に「いまの世に剣をとって進むとき、おそらく安兵衛どのは短命であろう」と断言される。泰平の世に厳しい剣術の鍛練を強いる父を憎んですらいた彼は、もとより力による争いごとより学問を好んでいた。が、濡れ衣による父の非業の自死を見届けた瞬間から、「短命」への歯車は、静かに回りはじめた…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.05

読みたい

3

未読

0

読書中

0

既読

19

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください