細川ガラシャ夫人 上

新潮文庫 みー8-14 新潮文庫

三浦 綾子

1986年3月27日

新潮社

693円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

明智光秀の娘として何不自由なく育てられた玉子は、16になった時、織田信長の命令で細川忠興のもとに嫁ぐこととなった。女性が男性の所有物でしかなく、政略の道具として使われた時代に、玉子は真の人間らしい生き方を求めて行く…。実の親子も殺し合う戦国の世にあって、愛と信仰に殉じた細川ガラシャ夫人。その清らかにして熾烈な悲劇の生涯を浮き彫りにした著者初の歴史小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.5

読みたい

7

未読

4

読書中

0

既読

70

未指定

59

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください