夢の検閲官・魚籃観音記

新潮文庫

筒井 康隆

2018年4月27日

新潮社

605円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

女が眠りにつき、夢の法廷が開廷する。入ってくるのは、彼女の安眠を妨げ、悲しませる者たちばかり。検閲官と書記は今夜も苦心する…。やさしさに満ちた感動の名品「夢の検閲官」。孫悟空と観音様が禁断の一線を越える!?究極のポルノ「魚籃観音記」。小説版は文庫初収録となる「12人の浮かれる男」など、夢想の迷宮に読者を捕えて逃さない珠玉の10編。豊饒な小説世界を堪能する傑作短編集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.8

読みたい

8

未読

6

読書中

0

既読

15

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

うみの藻屑

読者もかき乱されます

starstarstarstar
star
4.5 2019年05月14日

人間の根源的な欲求をかき乱して、どんな人物もドタバタに巻き込んでいく……以前、筒井康隆先生のドタバタ傑作集を読みましたが、その時の感覚が蘇るようでした! 登場人物だけでなく、読者もかき乱されます。それが面白い、クセになります。タイトルにもなっている「夢の検閲官」は自分の経験と照らし合わせて、妙に納得してしまいます。ラストシーンにもグッときますし、おすすめです。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください