桜の樹の下で(下巻)

新潮文庫

渡辺淳一

1992年3月31日

新潮社

523円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

五月の連休を境に、菊乃は遊佐と涼子の自分に対する態度が微妙に変化したことに気づく。そして「たつむら」の東京支店の開店祝いの日、混雑の中で手を握りあっている二人を目撃するのだった。決して犯してはならない禁忌を破りながら、なお求めあう男女。桜の魔性に憑かれたように母と娘が同じ男を愛してしまった悲劇の中に、悦楽と背徳の美の世界を精緻に描きだした長編小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

2

未読

1

読書中

0

既読

6

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください