コンスタンティノープルの陥落

新潮文庫 しー12-3 新潮文庫

塩野 七生

2009年1月31日

新潮社

693円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

東ローマ帝国の首都として一千年余も栄えたコンスタンティノープル。独自の文化を誇ったこの都も、しかし次第に衰え、15世紀後半には、オスマン・トルコ皇帝マホメッド二世の攻撃の前に、ついにその最期を迎えようとしていたー。地中海に君臨した首都をめぐる、キリスト教世界とイスラム世界との激しい覇権闘争を、豊富な資料を駆使して描く、甘美でスリリングな歴史絵巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstarstarstar
star
4.21

読みたい

13

未読

8

読書中

3

既読

118

未指定

93

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

イブネコ2035

名作だと思います

starstarstarstar
star
4.8 2023年08月18日

三部作の中でも一番面白かったです

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください