ローマ人の物語 16 パクス・ロマーナ 下

新潮文庫

塩野 七生

2004年11月30日

新潮社

473円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

ローマ世界に平和をもたらし、繁栄の礎を築いたアウグストゥスを、人々は「国家の父」と呼ぶようになる。しかしその彼にも大きな悩みがあった。後継者を誰にするかー妻リヴィアの連れ子ティベリウスは偉大なる父に反発して一方的に引退。娘ユリアの息子たちに期待をつないだものの、いずれも若くして死んでしまう。カエサルの構想した帝政は果してローマに根付くのか。アウグストゥスの「戦い」は続く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.55

読みたい

2

未読

8

読書中

0

既読

43

未指定

38

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください