終わりの始まり 中

ローマ人の物語 30

新潮文庫

塩野 七生

2007年9月30日

新潮社

506円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

弟ルキウスの死後、単独の皇帝として広大や帝国を維持すべく奮闘するマルクス・アウレリウス。その後半生は蛮族との戦いに費やされ、ついにはドナウ河の戦線で命を落とすという運命を辿る。さらにマルクスは、他の賢帝たちの例に従わず、後継者に実子コモドゥスを指名していた。そしてこれが、コモドゥス即位後の混乱を生む土壌となるー「パクス・ロマーナ」はもはや過去のものとなってしまうのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.27

読みたい

1

未読

6

読書中

0

既読

34

未指定

45

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください