終わりの始まり 下

ローマ人の物語 31

新潮文庫

塩野 七生

2007年9月30日

新潮社

473円(税込)

人文・思想・社会

失政を重ねたコモドゥスは暗殺され、ローマは帝位を巡って5人の武将が争う内乱に突入した。いずれもマルクス・アウレリウスの時代に取り立てられた彼らのうち、勝ち残ったのは北アフリカ出身のセプティミウス・セヴェルス。帝位に登った彼は、軍を優遇することで安全保障体制の建て直しを図る。だがそれは、社会と軍との乖離を促すものでもあった。衰亡の歯車は少しずつその回転を早めていく。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.27

読みたい

1

未読

8

読書中

0

既読

30

未指定

44

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください