キリストの勝利 上

ローマ人の物語 38

新潮文庫

塩野 七生

2010年9月30日

新潮社

539円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

紀元337年、大帝コンスタンティヌスがついに没する。死後は帝国を五分し、三人の息子と二人の甥に分割統治させると公表していた。だがすぐさま甥たちが粛清され、息子たちも内戦に突入する。最後に一人残り、大帝のキリスト教振興の遺志を引き継いだのは、次男コンスタンティウス。そして副帝として登場したのが、後に背教者と呼ばれる、ユリアヌスであった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.45

読みたい

2

未読

5

読書中

0

既読

39

未指定

47

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください