キリストの勝利 下

ローマ人の物語 40

新潮文庫 新潮文庫

塩野 七生

2010年9月30日

新潮社

506円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

ユリアヌスは数々の改革を実行したが、その生涯は短く終わる。政策の多くが後継の皇帝たちから無効とされ、ローマのキリスト教科は一層進んだ。そして皇帝テオドシウスがキリスト教を国教と定めるに至り、キリスト教の覇権は決定的となる。ついにローマ帝国はキリスト教に呑み込まれたのだ。この大逆転の背後には、権謀術数に長けたミラノ大司教、アンブロシウスの存在があった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.56

読みたい

3

未読

8

読書中

0

既読

42

未指定

49

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください