ローマ世界の終焉 上

ローマ人の物語 41

新潮文庫 新潮文庫

塩野 七生

2011年9月30日

新潮社

605円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

テオドシウス帝亡き後、帝国は二人の息子アルカディウスとホノリウスに託されることになった。皇宮に引きこもったホノリウスにかわって西ローマの防衛を託されたのは「半蛮族」の出自をもつ軍総司令官スティリコ。強い使命感をもって孤軍奮闘したが、帝国を守るため、蛮族と同盟を結ぼうとしたことでホノリウスの反感を買う。「最後のローマ人」と称えられた男は悲しい最後を迎え、将を失った首都ローマは蛮族に蹂躙されるのであった…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.2

読みたい

5

未読

8

読書中

0

既読

39

未指定

51

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください