ローマ世界の終焉 中

ローマ人の物語 42

新潮文庫 新潮文庫

塩野 七生

2011年9月30日

新潮社

539円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

屈辱的な首都の劫掠の後、帝国の本国たるイタリア半島には一時的な平和が訪れた。ガリアでの地歩を固めたい蛮族が共食い状態になったためだ。しかし、ホノリウスが長い治世を無為に過ごして死んだのち、権力は皇女や軍司令官らの手を転々と渡り、二年にもわたる内戦状態にさえ陥った。そして運命の四七六年、皇帝が蛮族に手によって廃位され、西ローマ帝国は偉大なる終わりの瞬間をもつこともなく、滅亡の時を迎えることになったー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.2

読みたい

3

未読

3

読書中

0

既読

32

未指定

46

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください