ローマ亡き後の地中海世界2

海賊、そして海軍

新潮文庫 新潮文庫

塩野 七生

2014年7月29日

新潮社

605円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

北アフリカを拠点とするサラセンの海賊に蹂躙されるイタリアの海洋都市国家。各国は襲撃を防ぎ、拉致された人々を解放すべく対策に乗り出し、次々と海軍が成立。二つの独立した国境なき救助団体も組織された。イスラム勢力下となっていたシチリアにはノルマンディ人が到来し、再征服。フランスとドイツを中心に十字軍も結成され、キリスト教勢力の反撃の狼煙が上がり始めたー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.98

読みたい

6

未読

13

読書中

0

既読

41

未指定

28

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください