作家の犯行現場

新潮文庫

有栖川有栖

2005年2月28日

新潮社

733円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

ミステリーの舞台となる「現場」は偶然に選ばれたのではない。廃墟と化した島、迷路のごとき鍾乳洞、湖底に沈む村、趣向を凝らした館…。そこには作家を刺激する特殊なオーラがあって、「創作という犯行」を行わせるのだー。古今のミステリーに精通する作家・有栖川有栖が全国を巡り、22ヵ所の「現場」が今なお放つ戦慄のオーラを五感でとらえる。写真多数収載。異色の紀行エッセイ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.7

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

13

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください