時代小説(第3巻)

読切御免

新潮文庫

新潮社

2005年12月1日

新潮社

523円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

火事でふた親と弟を失ったふき。伯父の世話で米屋へ奉公に出たが、この店はどうも暗さがつきまとい…(「十六夜髑髏」)。掃部助は、主君の島津惟新を守って関ヶ原から落ちのびるが、忘れた笛のために死地へと舞い戻り…(「天吹」)。新選組から屈強の陰陽師、吉原の悲恋まで、興奮と感動に富んだ全七篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください