風の万里 黎明の空(上) 十二国記

新潮文庫 新潮文庫

小野 不由美

2013年3月28日

新潮社

737円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

人は、自分の悲しみのために涙する。陽子は、慶国の玉座に就きながらも役割を果たせず、女王ゆえ信頼を得られぬ己に苦悩していた。祥瓊は、芳国国王である父が簒奪者に殺され、平穏な暮らしを失くし哭いていた。そして鈴は、蓬莱から辿り着いた才国で、苦行を強いられ泣いていた。それぞれの苦難を負う少女たちは、葛藤と嫉妬と羨望を抱きながらも幸福を信じて歩き出すのだがー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(28

starstarstarstar
star
4.48

読みたい

21

未読

15

読書中

4

既読

319

未指定

234

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

tkhr_gnsk

登場人物の魅力

starstarstarstar 4.0 2020年02月11日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください