時雨のあと

新潮文庫 ふー11-3 新潮文庫

藤沢 周平

2002年8月31日

新潮社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

身体を悪くして以来、すさんだ日々を過す鳶の安蔵。妹みゆきは、兄の立ち直りを心の支えに、苦界に身を沈めた。客のあい間に小銭をつかみ兄に会うみゆき。ふたりの背に、冷たい時雨が降りそそぐ…。表題作のほか、『雪明かり』『闇の顔』『意気地なし』『鱗雲』等、不遇な町人や下級武士を主人公に、江戸の市井に咲く小哀話を、繊麗に、人情味豊かに描く傑作短編全7話を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.25

読みたい

0

未読

5

読書中

0

既読

25

未指定

23

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください