時雨みち

新潮文庫 ふー11-9 新潮文庫

藤沢 周平

1984年5月29日

新潮社

693円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

にがい思い出だった。若かったとはいえ、よくあんな残酷な仕打ちが出来たものだ。出入りする機屋の婿養子に望まれて、新右衛門は一度は断ったものの、身篭っていたおひさを捨てた。あれから二十余年、彼女はいま、苦界に身を沈めているという…。表題作「時雨みち」をはじめ、「滴る汗」「幼い声」「亭主の仲間」等、人生のやるせなさ、男女の心の陰翳を、端正な文体で綴った時代小説集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

3

未読

5

読書中

0

既読

29

未指定

42

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください