義民が駆ける

新潮文庫

藤沢 周平

2023年3月29日

新潮社

880円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

天保11年江戸城御小座敷。徳川家斉は老中水野忠邦に質した。川越を荘内に転封する件は如何にー。水野は川越を荘内へ、荘内を長岡へ、長岡を川越へ転封する三方国替えの沙汰を出すも反発した荘内の百姓は駕篭訴を決断する。「あげだ、ええ殿さまはどごさ行ったっていねぞ」。越訴は天下の大罪。しかし藩主酒井家の恩に報いるため、百姓たちは命を賭けて江戸を目指す。天保義民事件を描く歴史長編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください