銀行王安田善次郎

陰徳を積む

新潮文庫

北康利

2013年5月28日

新潮社

649円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

日本を代表するメガバンク・みずほフィナンシャルグループ。この巨大企業の礎を築いた安田善次郎は、渋沢栄一らと共に国立銀行の設立に尽力し「元祖銀行王」と称されている。富山の貧しい下級武士の生まれながら、たった一代で巨万の富を掌中にした安田が如何なる時も肝に銘じた「陰徳」とはー。混迷の時代に生きるビジネスマン必読。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

3

未読

6

読書中

2

既読

6

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください