巨眼の男西郷隆盛(下巻)

新潮文庫

津本陽

2006年8月1日

新潮社

817円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

維新最大の功労者は、なぜ西南の役を起こしたのか。西郷は、明治新政府でも陸軍大将、参議として重きをなした。しかし、明治六年、政争にあけくれ腐敗の度を増す藩閥を見放し、官を辞して郷土鹿児島へ帰る。各地で頻発する士族の反乱。そして、郷党の政府への反発。西郷は、国家の明日のためにやむなく兵を挙げた。日本人がもっとも愛する偉人。その至誠の生涯を描ききった歴史巨篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください