迷宮

新潮文庫

中村 文則

2015年3月28日

新潮社

506円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

胎児のように手足を丸め横たわる全裸の女。周囲には赤、白、黄、色鮮やかな無数の折鶴が螺旋を描くー。都内で発生した一家惨殺事件。現場は密室。唯一生き残った少女は、睡眠薬で昏睡状態だった。事件は迷宮入りし「折鶴事件」と呼ばれるようになる。時を経て成長した遺児が深層を口にするとき、深く沈められていたはずの狂気が人を闇に引き摺り込む。善悪が混濁する衝撃の長編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(15

starstarstar
star
3.68

読みたい

17

未読

16

読書中

0

既読

140

未指定

57

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

心に闇を持つもの同士

starstarstar
star
3.5 2019年07月11日

心に「暗」「陰」を抱えた人々。似た者同士。死にたくはないが殺してほしい・・・。強い陰鬱さに引き込まれる。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください