天涯の船(下巻)

新潮文庫

玉岡かおる

2006年1月31日

新潮社

781円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

実業家として成功した光次郎は、造船業でも名をあげ、片やミサオは、戦時下のヨーロッパで子爵夫人の地位を守る。時を経て二人は再び出会い、光次郎はミサオの導きで精力的に絵画収集に乗り出す。夢を追いかける男、苦難を乗り越えた女。いまなお胸に秘め続ける、互いへの想いが遂げられる日は来るのか。二つの大戦のはざま、時代の波に翻弄されながらも、希望を失わなかった愛の絆。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstarstar
star
4.52

読みたい

6

未読

3

読書中

0

既読

17

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください