下天を謀る(上)

新潮文庫 新潮文庫

安部 龍太郎

2013年4月30日

新潮社

825円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「その日を死に番と心得るべし」との覚悟で幾多の合戦を生き抜いた藤堂高虎。織田信長亡き後、豊臣家に三顧の礼を持って迎え入れられるが、秀吉は茶々との愛欲に溺れ、天下人としての資質を失っていく。落胆した高虎は一時出家さえ試みるが、徳川家康から届いた一通の手紙に心を動かされ、再び下天を謀る決意を固めるー。「戦国最強」との誉れ高い異能の武将を描く本格歴史小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.58

読みたい

0

未読

5

読書中

0

既読

102

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください