苦役列車

新潮文庫 新潮文庫

西村 賢太

2012年4月30日

新潮社

473円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

劣等感とやり場のない怒りを溜め、埠頭の冷凍倉庫で日雇い仕事を続ける北町貫多、19歳。将来への希望もなく、厄介な自意識を抱えて生きる日々を、苦役の従事と見立てた貫多の明日はー。現代文学に私小説が逆襲を遂げた、第144回芥川賞受賞作。後年私小説家となった貫多の、無名作家たる諦観と八方破れの覚悟を描いた「落ちぶれて袖に涙のふりかかる」を併録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstarstar
star
4.02

読みたい

29

未読

16

読書中

2

既読

77

未指定

67

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

西村賢太「苦役列車」

--
0
2019年12月19日

みんなのレビュー (2)

踊場

私小説

starstarstar
star
3.9 2020年04月24日

非常に洗練された文章で読みやすく、引き込まれる。 その日暮らしをする主人公と同じ現場で働いているが、専門学校に通い、未来のある青年の対比からは考えさせられるものがある。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2019年04月30日
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください