夜中にジャムを煮る

新潮文庫 新潮文庫

平松 洋子

2011年12月31日

新潮社

737円(税込)

小説・エッセイ / 美容・暮らし・健康・料理 / 文庫

土鍋でつややかに炊きあがったご飯のありがたみ、かき混ぜる両手が決め手の韓国料理の味わい。夜のしじまに、甘やかに漂う出来たてのジャムの香り…。つくるよろこびと食べるよろこび、どちらも大切にできる場所。それが台所。そこでは、いつだって新しい発見と笑顔が満ちている。食材と調理道具への愛情を細やかに描き、私たちの日々の暮らしを潤す、台所をめぐる17のエッセイ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.25

読みたい

16

未読

0

読書中

1

既読

13

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください