きらきらひかる

新潮文庫 えー10-1 新潮文庫

江國 香織

1994年6月30日

新潮社

539円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

私たちは十日前に結婚した。しかし、私たちの結婚について説明するのは、おそろしくやっかいであるー。笑子はアル中、睦月はホモで恋人あり。そんな二人は全てを許し合って結婚した、筈だったのだが…。セックスレスの奇妙な夫婦関係から浮かび上る誠実、友情、そして恋愛とは?傷つき傷つけられながらも、愛することを止められない全ての人々に贈る、純度100%の恋愛小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(41

starstarstar
star
3.61

読みたい

55

未読

21

読書中

4

既読

400

未指定

210

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (3)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2021年08月14日

p.188 たまらなかったのは睦月と寝られないことじゃなく、平然とこんなにやさしくできる睦月。水を抱く気持ちっていうのはセックスのない淋しさじゃなく、それをお互いにコンプレックスにして気を使いあっていることの窮屈。 ゲイの睦月と、躁鬱の気がありアル中気味の笑子(しょうこ)が新婚生活をおくる。睦月には紺という恋人がいて、作中で笑子とも仲良くなるし、3人は今のままの形でちゃんと幸せなのだが、世間(=両親や友人)はそれを許さない。 2人の静かな生活と、家の安心感、静けさが心地よかった。そして、このままでいたいのに、周りからの圧力を誰よりも気にしているのは自分たち自身で、その事実にそれぞれ違うかたちで押しつぶされそうになってゆく2人の切実さが痛いほど伝わってきて苦しかった。 「生きてるだけで、愛」を少し思い出した。 人がいればいるだけいろんな関係性のかたちがあって、誰だってどこかしらは不安定で、そこが人間のいいところで愛しいところだよね。

全部を表示

sakurai

メモ

-- 2021年04月03日

軽度の(だったと思う)アルコール中毒の主人公と同性愛者の配偶者とその恋人の3人の関係の話。信頼関係のある三人組の話が好きな人は好き。上記のあらすじは差別用語使われてるし表現としてひっかかるところはあるかもしれないのでそこが留意点、結構前に読んだ

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.8 2018年01月31日

笑子の素直さ、睦月の真っ直ぐさにお互いが罪悪感を持っている。しかし不器用ながら互いを思い合う姿は、肉体関係がなくともたしかに夫婦であると思う。 日本社会は家族像が一辺倒で、多様な家族のあり方を受け入れてくれる社会ではない。だからといって、受け入れてくれない社会のために自分たちは変わらなければいけないのか。こんなにも大切に思ってるのに。この気持ちさえあれば家族とは言えないのか。 いろんなことを考えさせる本。また読みたいな。こんな夫婦も素敵だな。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください