虫眼とアニ眼

新潮文庫

宮崎 駿 / 養老 孟司

2008年2月29日

新潮社

605円(税込)

人文・思想・社会 / エンタメ・ゲーム / 文庫

小さな虫の動きも逃さず捉えて感動できる「虫眼の人」養老孟司と、日本を代表する「アニメ(眼)の人」宮崎駿が、宮崎作品を通して自然と人間のことを考え、若者や子供への思いを語る。自分を好きになろう、人間を好きになろう、自然と生きるものすべてを好きになろうという前向きで感動的な言葉の数々は、時代に流されがちな私たちの胸に真摯に響く。カラーイラスト多数掲載。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.47

読みたい

3

未読

5

読書中

2

既読

26

未指定

59

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

RinRin

師匠コラボ

starstarstarstarstar 5.0 2019年02月09日

大好きな二人のコラボ これは読むしかねぇ!と思って読んだ 現代社会を生きる子どもたちへ

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください