裂けて海峡

新潮文庫

志水辰夫

2004年9月30日

新潮社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

海峡で消息を絶ったのは、弟に船長を任せた船だった。乗組員は全て死亡したと聞く。遭難の原因は不明。遺族を弔問するため旅に出た長尾の視界に、男たちの影がちらつき始める。やがて彼は愛する女と共に大きな渦に飲み込まれてゆくのだった。歳月を費やしようやく向かいあえた男女を、圧し潰そうとする“国家”。運命の夜、閃光が海を裂き、人びとの横顔をくっきりと照らし出す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

9

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

よかさ

(無題)

-- 2018年10月31日

話の展開は悪くない。でも、最後は何? 書き殴り過ぎでしょ。あー残念。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください