リヴィエラを撃て(上巻)

新潮文庫

高村薫

1997年7月31日

新潮社

781円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

1992年冬の東京。元IRAテロリスト、ジャック・モーガンが謎の死を遂げる。それが、全ての序曲だったー。彼を衝き動かし、東京まで導いた白髪の東洋人スパイ『リヴィエラ』とは何者なのか?その秘密を巡り、CIAが、MI5が、MI6が暗闘を繰り広げる!空前のスケール、緻密な構成で国際諜報戦を活写し、絶賛を浴びた傑作。日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞受賞。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstarstar
star
4.21

読みたい

3

未読

12

読書中

1

既読

37

未指定

63

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

pandax

まだ伏線

starstarstar
star
3.5 2018年02月19日

まだ伏線が続いているうえに登場人物が多くて、誰がどんな人物なのかわからなくなる。下巻に行く前に上巻を読み直そうかと迷った程。 今のところはおもしろそうな予感でしかないが、これらの伏線が下巻ですべて回収されていくと思うと楽しみ。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください