卒業

新潮文庫 新潮文庫

重松 清

2006年12月31日

新潮社

781円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「わたしの父親ってどんなひとだったんですか」ある日突然、十四年前に自ら命を絶った親友の娘が僕を訪ねてきた。中学生の彼女もまた、生と死を巡る深刻な悩みを抱えていた。僕は彼女を死から引き離そうと、亡き親友との青春時代の思い出を語り始めたのだがー。悲しみを乗り越え、新たな旅立ちを迎えるために、それぞれの「卒業」を経験する家族を描いた四編。著者の新たなる原点。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstar
star
3.44

読みたい

13

未読

12

読書中

0

既読

329

未指定

106

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

重松清「卒業」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー (1)

草野雅宗

安定の重松清

starstarstar
star
3.7 2019年11月22日

重松清の作品を初めて読んだのは流星ワゴンだったが かれこれ5作品以上は彼の作品を読んできて、これまで これといってつまらない印象のものが無かった。 学校や家族を題材にして共感、感動できる物語を よくもこんなに毎回思い付くものだと感心させられる。 こんな先輩が同じ大学学部の出身者というのは少し誇らしい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください