空が青いから白をえらんだのです

奈良少年刑務所詩集

新潮文庫 新潮文庫

寮 美千子

2011年6月30日

新潮社

605円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

受刑者たちが、そっと心の奥にしまっていた葛藤、悔恨、優しさ…。童話作家に導かれ、彼らの閉ざされた思いが「言葉」となって溢れ出た時、奇跡のような詩が生まれた。美しい煉瓦建築の奈良少年刑務所の中で、受刑者が魔法にかかったように変わって行く。彼らは、一度も耕されたことのない荒地だったー「刑務所の教室」で受刑者に寄り添い続ける作家が選んだ、感動の57編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.17

読みたい

9

未読

3

読書中

0

既読

15

未指定

28

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください