いとみち 二の糸

新潮文庫

越谷 オサム

2015年1月28日

新潮社

781円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

小柄で、泣き虫で、人見知り。濃厚津軽弁話者の相馬いと。高校2年生になり、メイドカフェのバイトも変わらず大奮闘。親友早苗と始めた写真同好会に大きな男子後輩登場!早苗との初ケンカ、男の子への微妙な感情。先輩智美の夢に向かう姿、シングルマザー幸子と娘のやりとり大好きな人たちに囲まれて、いとも確実に成長中。智美主役の短編「ジャンピングニー」も収録の第2弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstarstar
star
3.99

読みたい

3

未読

9

読書中

0

既読

40

未指定

37

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2019年01月11日

いとみちの続編。メイド喫茶のアルバイター、ロックな三味線弾きの引っ込み思案な主人公「いと」も高校二年生。部活を始めたり、友人と喧嘩をしたり、初めての恋らしきものを意識したり、と成長する姿が微笑ましい。周りが優しいのは「いと」が真面目だから。クライマックスはメイド喫茶の面々の結婚や卒業、再会の様子。へばね。次は高三の「いと」に会うために読みます。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2018年06月27日

いとみちの続編。メイド喫茶のアルバイター、ロックな三味線弾きの引っ込み思案な主人公「いと」も高校二年生。部活を始めたり、友人と喧嘩をしたり、初めての恋らしきものを意識したり、と成長する姿が微笑ましい。周りが優しいのは「いと」が真面目だから。クライマックスはメイド喫茶の面々の結婚や卒業、再会の様子。へばね。次は高三の「いと」に会うために読みます。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください