殿様の通信簿

新潮文庫 新潮文庫

磯田 道史

2008年10月31日

新潮社

605円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

史料「土芥寇讎記」-それは、元禄時代に大名の行状を秘かに探索した報告書だったのか。名君の誉れ高い水戸の黄門様は、じつは悪所通いをしていたと記され、あの赤穂事件の浅野内匠頭は、女色に耽るひきこもりで、事件前から家を滅ぼすと予言されていた。各種の史料も併用しながら、従来の評価を一変させる大名たちの生々しすぎる姿を史学界の俊秀が活写する歴史エッセイの傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.25

読みたい

6

未読

8

読書中

0

既読

32

未指定

33

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください