警察庁長官を撃った男

新潮文庫

鹿島 圭介

2012年6月27日

新潮社

693円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

1995年3月、日本中を震撼した国松孝次警察庁長官狙撃事件。特別捜査本部を主導する警視庁公安部がオウム犯行説に固執する一方、刑事部は中村泰なる老スナイパーから詳細な自供を得ていた。だが、特捜本部は中村逮捕に踏み切らず、事件は時効を迎えてしまう。警察内部の出世とメンツをかけた暗闘や、中村の詳細な証言内容など極秘捜査の深層を抉るノンフィクション。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.1

読みたい

5

未読

5

読書中

3

既読

19

未指定

28

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

長江貴士

書店員

鹿島圭介「警察庁長官を撃った男」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください