わたしの渡世日記(上巻)

新潮文庫

高峰秀子

2012年1月31日

新潮社

693円(税込)

エンタメ・ゲーム

「お前なんか人間じゃない、血塊だ」-養母に投げつけられた身も凍るような言葉。五歳で子役デビューし昭和を代表する大女優となった高峰秀子には、華やかな銀幕世界の裏で肉親との壮絶な葛藤があった。函館での誕生から戦時下の撮影まで、邦画全盛期を彩った監督・俳優らの逸話と共に綴られた、文筆家・高峰秀子の代表作ともいうべき半生記。日本エッセスト・クラブ賞受賞作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.3

読みたい

1

未読

0

読書中

1

既読

7

未指定

5

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください