わたしの渡世日記(下巻)

新潮文庫

高峰秀子

2012年1月31日

新潮社

737円(税込)

エンタメ・ゲーム / 文庫

本邦初の総天然色長編映画「カルメン故郷に帰る」、「名もなく貧しく美しく」、「二十四の瞳」、「恍惚の人」…戦後を彩る数々の大ヒット映画の製作裏話と共に、女優・高峰秀子が綴った半生記。養母とのしがらみに苦しむ一方で、谷崎潤一郎や梅原龍三郎らとの交流を成長の糧とし、松山善三との結婚で初めて安息を得たことにより、「ひとりぼっちの渡世」に終止符を打つまでを描く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstarstar
star
4.06

読みたい

2

未読

1

読書中

1

既読

15

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください