ミカドの肖像(上巻)

新潮文庫

猪瀬直樹

1992年2月1日

新潮社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

近代天皇制と日本人-本書はこの謎めいた関係について、従来の天皇論とはまったく異なる角度からアプローチし、立体的に探っていく。なぜ西武グループは皇族の土地にプリンスホテルを建てたのか?なぜオペレッタ『ミカド』が欧米人から喝采を浴びるのか?…上巻には第1部『プリンスホテルの謎』、第2部『歌劇ミカドをめぐる旅』前半を収載。大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

7

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください