天上の露

新潮文庫

白石一郎

1986年9月30日

新潮社

481円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

戦のさなか、不運にも獣の落とし穴に陥ってしまった東京鎮台兵市川矢八郎を絶望の淵から救ってくれたのは、疱瘡を病んで村人たちに見放され、山中に捨てられた娘だったー。西南戦争時の熊本五家荘を舞台にした詩情あふれる表題作のほか、南海の離島に漂着した異国船をめぐる滑稽譚「宝島」、部屋住みの無役の若者たちの悲歌「天馬」など、異色の素材を滋味豊かに描く時代短編集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください