ドナービジネス

新潮文庫

一橋文哉

2004年6月1日

新潮社

523円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

人体をビジネスにするーそれは生命への冒涜なのか、それとも究極の資本主義なのか。臓器移植、代理出産、クローン技術。医療の発達とともに、部品としての人体に価値が見出されて行く。腎臓を売るOL、乳児まで売買する臓器マフィア、その裏にある臓器移植のヤミ手術、幼児の生体解剖。先端医療の影に隠れ、巨大なブラックマーケットが誕生していた。戦慄のノンフィクション。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

4

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください